LGBTミュージック:Take That / Clean Bandit / Planet Shiver / Steps / Halsey

Take That – Giants

1990年にゲイリー・バーロウ、マーク・オーエン、ハワード・ドナルド、ジェイソン・オレンジ、ロビー・ウィリアムズの5人で結成されたイギリスを代表するボーイズバンド。

1996年にロビーの脱退を機に解散。2005年にロビーを除く4人で再結成し、2010年にロビーも戻り、2011年まで5人で活動。その後、2011年にロビー、2014年にジェイソンが脱退し、その後は3人で活動しております。

私が英語が好きになったのもこのTake Thatのゲイリー・バーロウを好きになったからです。ゲイリーは、Take Thatのメインボーカルで、歌手、作詞作曲家、プロデューサーであり、最近ではリアリティー番組の審査員も務めております。

メジャーなボーイズバンドに1人くらいゲイのメンバーがいるもんですが、Take Thatはみんなストレートです。

主なボーイズバンドでカミングアウトしたセレブリティ―

  • New Kids On the Block:ジョナサン・ナイト
  • ‘N Sync:ランス・バス
  • Westlife:マーカス・フィーリー
  • Blue:ダンカン・ジェイムス&リー・ライアン(バイセクシャル)
  • Boyzone:故スティーヴン・ゲイトリー

「Giants」は、2017年3月24日にリリースされたアルバム「Wonderland」からのファーストシングルです。

Clean Bandit – Symphony feat. Zara Larsson

Clean Banditの新曲です。ザラ・ラーソンは、スウェーデンのシンガーソングライターで、10歳の時、スウェーデン版 Britain’s Got Talentの”Talang”オーディション番組で優勝しました。

Planet Shiver – Rainbow (feat. Crush)

Planet ShiverはDJ FrizとPhiltreの2人ユニットで、韓国のEDM(エレクトロニックダンスミュージック)をプロデュースしているグループです。たまたま見つけたこの「Rainbow」は2015年にリリースされた曲で、MVには、ゲイカップルが出ています。

Steps – Scared Of The Dark

90年代に活躍したイギリスのダンスグループ。「5,6,7,8」は聞いたことがあると思います。1997年に結成し、2001年に解散。その後、2011年から2012年に活動を再開し、2017年1月に再々結成。「Scared Of The Dark」は、2017年4月21日にリリース予定のアルバム「Tears On The Dancefloor」からのファーストシングルです。Stepsのイアン・ワトキンス はゲイで、2016年3月に代理出産にて双子の男の子の父親になりました。

Halsey – Now Or Never

22歳のアメリカ出身の注目シンガー。「New Americana」がヒットし、「Ghost」は東京で撮影されたMVで女性同士の愛が描かれています。「Now Or Never」は、2017年6月2日にリリース予定のアルバム「Hopeless Fountain Kingdom」からのファーストシングルです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする