Google Home ゲイの父親を識別する新しい広告

picture from Google Home

Google Home ゲイの父親を識別する新しい広告

新しいキャンペーンにてGoogle Homeはあらゆる意味で多様な声を識別している。

Googleは、アメリカにて全ての家庭の中に存在していたいと考えている。そのため、Google Homeの複数ユーザー認識機能の新しいキャンペーンにおいて、多様な家族を取り入れているのであろう。

Google Assistantを搭載し、プログラムはユーザーの質問やリクエストに反応し、2人の父親がいる家庭においてもそれぞれの声を識別することができる。

33秒の新しい広告「Carpool」では、ゲイの父親であるロスとアレックスのどちらがかわい子供たちを学校に連れて行くかを決めるため、Google Homeに交通情報、スケジュール、その他の情報を尋ねます。

GoogleはLGBTフレンドリーを長年掲げている歴史があるが、日常の家庭でのシナリオの中に同性の両親を取り入れたことは素晴らしい先例となる。

関連記事:Google Home Recognizes Gay Dads in New Ad

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする