聞くに聞けないゲイの〇〇〇〇に関する調査結果

セックスに対する考えは人それぞれ

これまで何人とセックスをしたことがありますか?

この質問に私が答えると、その場に少し変な空気が流れます。

私はいつも「両手で数えらえるくらい」と答えています。嘘くさいですよね。でも、本当にそうなんです。長年の友人は、さすがにわかっているので、その場にいる人たちに「こう見えても、ほんとなんですよ」ってフォローを入れてくれます。「こう見えても」ってなんだよって毎回思うんですがね。

もちろんセックスに興味がないわけではないのですが、他の方に比べると性に対して少しだけ保守的な面があるのかもしれません。ただ、両手で数えらえる”回数”ではなく、”人数”なので、”不特定対数”ではなく、”1人の人とじっくり” を楽しみたいタイプなのかと思います。つまり、広く浅くではなく、狭く深くを好むといった方が良いのでしょうか?!とは言っても、その場限りといったものにもチャレンジしてみたことはあるんですが、ちょっと後味が悪いというか、自分にはハードルは高かったようでした。こんな話をするといつも”重い”と言われるのですが、私の中ではセックスは原則、”付き合う前提” のものとしてるので、必然的に数は少なくなってしまいます。

私は経験人数が多い人がダメとは全く思っていませんし、むしろ私自身がもう少しライトに考えられる人間であれば見える景色も違うのかなと思ったりもします。ゲイであろうが、ノンケであろうが、男であろうが、女であろうがセックスが好きな人はいますし、依存となれば別の話ですが、むしろ健全なのかもしれません。ただ、性感染症の予防や避妊など最低限のマナーは必要ですね。

では、今回は、ゲイの方々のちょっとしたセックス事情に関する記事をご紹介します。

この記事の調査では、ゲイ向けの診療所に来たゲイの男性にインタビューを行っているので、性的にアクティブな方々が調査対象だったのかもしれません。また、こちらは海外の調査なので、日本人に同じ調査をしたら異なる結果になるかもしれませんね。

意外なゲイのセックス事情?!

アナルセックスについて学ぶことはもうないと思っていたのに・・・。

アナルセックス。あってもおかしくないことである。特にゲイであれば。

ニューヨークとロサンゼルスにオフィスを構えるゲイのための肛門診療所であるBespoke Surgicalは、アナルセックスの習慣について様々な年代の300名の男性にインタビューを実施した。

結果は下記の通り;

  • ゲイの男性の13%は日常的にアナルセックスをしている。
  • ゲイの男性の39%は週に数回アナルセックスをしている。
  • ゲイの男性の24%は月に数回アナルセックスをしている。
  • 6人のうち5人のゲイの男性は少なくとも年に数回アナルセックスをしている。
  • 6人のうち1人のゲイの男性は年に1回未満しかアナルセックスをしない。

インタビュー対象者は、39%がタチ、33%がリバ、29%がネコとその割合はほとんど同じであった。

衛生面について言うと、大多数は十分配慮をしているという。78%はアナルセックスの際、常に衛生面を気にかけているといっている一方で、9%は全く気にしていないという。

衛生面に関するその他の結果;

  • ゲイの男性の42%はほぼ毎回アナルセックスの前にアナル洗浄を行っている。
    一方で、38%はほとんど又は、まったくしていない、21%はたまにしている。
  • 洗浄に関しては、25%は水性かん腸、20%は生食かん腸、18%はシャワーノズルを使っている。
  • ゲイの男性の61%はセックスの後、アナル洗浄を行うときれいになったと感じている。

関連記事:And you thought there was nothing left to learn about anal sex…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする