LGBTミュージック:Missy Higgins / Openside / Courtney Barnett / Louisa / Hailee Steinfeld

picture from Missy Higgins - Cemetery (Official Video)

Missy Higgins – Cemetery

オーストラリアの歌姫 ミッシー・ヒギンズ。エド・シーランのオーストラリアツアーにサポート役として参加し、現在、第2子(女の子)を妊娠中です。公私ともに順調で、幸せ一杯のミッシー・ヒギンズですが、こちらは5/4(金)にリリースされたアルバム『Solastalgia』からの2ndシングル「セメタリー」。セメタリーは”墓地”という意味ですが、この曲は忘れることができない過去の恋愛についての曲です。

Openside – I Feel Nothing

ニュージーランド、オークランドのポップパンクバンドのOpen side。リードボーカルのポッサム・プラウズは、女性・男性どちらにも分類されないジェンダーノンバイナリーであることをカミングアウトしています。

Courtney Barnett – Need A Little Time

オーストラリア、メルボルン出身のシンガーソングライターでレズビアンのコートニー・バーネット。(関連記事:オーストラリア ファーストダンス iPhone X
1stアルバムの『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』が世界的にヒットし、2016年のグラミー賞の新人賞にもノミネートされました。5/18(金)には待望の2ndアルバム『Tell Me How You Really Feel』がリリースされます。「Need A Little Time」はこのアルバムからの2ndシングルです。

Louisa – YES ft. 2 Chainz

イギリスのシンガーソングライターのルイーザ・ジョンソン、20歳。2015年、17歳の最年少でイギリスのリアリティー音楽オーディション番組 The X Factor シーズン12で優勝をしました。ノリノリのパーティーソングです。

Hailee Steinfeld, BloodPopR – Capital Letters

アメリカの女優で歌手のヘイリー・スタインフェルド、21歳。女の子のイメージがあったヘイリーもすっかり綺麗な女性に成長し、この乙女チックな曲とMVが何とも言えないです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする