LGBTミュージック:George Michael / Dead Or Alive / Clean Bandit / Simple Plan / Jonas Blue / Alan Walker

George Michael – Freeek

ポップデュオ「ワム!」をアンドリュー・リッジリーと結成し、「ラスト・クリスマス」や「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」など世界でもヒットしました。1986年の解散後はソロ活動行い、1988年にはグラミー賞 アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。1998年には、CNNのインタビューでゲイであることカミングアウトしています。「Freeek」は私のお気に入りの曲で、2002年にリリースされ、アルバム「PATIENCE」に収録されています。

Dead Or Alive – You Spin Me Round (Like a Record)

1980年に結成された英国のバンド「デッド・オア・アライヴ」のリーダーとしてボーカルを務めたピート・バーンズ。今年の10月23日に急性心不全で亡くなりました。57歳でした。「You Spin Me Round(Like a Record)」は世界中でヒットしました。

Clean Bandit – Rockabye ft. Sean Paul & Anne-Marie

「Years & Years」のボーカル オリー・アレクサンダーと交際していたヴァイオリニストでゲイのニール・アミン・スミス(ニール・ミラン)が今年バンドを脱退してしまいました。メンバーは3人になってしまいましたが、音楽のクオリティーは高いままです。

Simple Plan – Perfectly Perfect

カナダの5人組のポップ・パンクバンド「Simple Plan」。MVの中では、ゲイやレズビアンを含め様々なカップルの愛が描かれています。

Jonas Blue – By Your Side ft. RAYE

イギリスのDJ、ソングライター、レコードプロデューサーのJonas Blue 27歳。

Alan Walker – Alone

イギリス出身、ノルウェー人のレコードプロデューサーでDJのAlan Walker。なんと現在、19歳。デビューシングル「Faded」のYoutube再生回数は現時点で8億回越えをしており、爆発的ヒットとなりました。新曲の「Alone」のMVでは、登場人物がAlan Walkerのように黒のパーカーとフェイスマスクをしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする