NETFLIXで見られるおススメLGBT映画&ドラマ

picture from Alex Strangelove

Netflixで見られるおススメLGBT映画&ドラマ

新型コロナウイルスの影響で、家にいる機会が増えた方も多いのではないでしょうか?

テレビでの報道をずっと見ていると気が滅入ってしまうこともあるので、リフレッシュのためにと、Netflixオリジナルも含めてNetflixで視聴できるLGBT映画&ドラマをご紹介します。

有名どころは他のサイトでも紹介されているので、ここではマイナーかもしれないけれど面白い作品をピックアップしてみました。

是非、ご覧ください。

『アレックス・ストレンジラブ』| Alex Strangelove

高校生活、最後の年。アレックス・トゥルーラヴ(ダニエル・ドヒニー)は素敵なガールフレンドのクレア(マデリーン・ワインスタイ)と童貞喪失を計画する。でもそこへ、同じくらい魅力的なゲイのエリオット(アントニオ・マルツィアーレ)が現れ、アレックスの童貞喪失計画が・・・。

ハチャメチャなことも言われるけれど、アレックスは良い友達に囲まれています。学生時代を思い出させてくれるようなラブコメの作品です。この映画には、LA出身のエレクトロポップの女性3組のバンドで、メンバー3人ともQueerのMUNA(ムナ)がゲスト出演しています。エリオット訳を演じたアントニオ・マルツィアーレは、実生活でもゲイであることをカミングアウトしています。

『アレックス・ストレンジラブ』| Alex Strangelove
出演:ダニエル・ドヒニー、マデリーン・ワインスタイン、アントニオ・マルツィアーレ

『ラ(ブ)』| LOEV

親友同士のウォールストリートの敏腕金融マンのジャイ(シヴ・パンディット)とムンバイを拠点とした音楽プロデューサーのサヒール(ドゥルーヴ・ガネーシュ)。それぞれ複雑な過去を抱える二人が、週末に西ガーツ山脈へハイキングに行くことに。そこで2人の間に大きな変化が生まれゆく。

インド映画で同性愛を扱った作品であることも珍しいですが、ボリウッド映画のように踊りだすよなこともない作品です。また、この映画は2015年の映画ですが、サヒール役を演じたドリュフ・ガネーシュさんはこの映画の公開前の2015年1月に結核でなくなってしまいました。

『ラ(ブ)』| LOEV
出演:シヴ・パンディット、ドゥルーヴ・ガネーシュ、シッダールタ・メノン、リシャブ・チャッダー

『ホールディング ザ マン』| Holding The Man

男子校に通う10代のティム(ライアン・コア)とジョン(クレイグ・ストット)は恋に落ちる。ジョンは、フットボールチームのキャプテンで、ティムは、ロミオとジュリエットでチョイ役を演じる俳優の演技卵である。差別、誘惑、嫉妬、喪失など彼らの人生に降りかかるもの全てを笑い飛ばし15年も持ちこたえてたが、愛だけで解決出来ない問題に直面することに。

オーストラリアの映画「Holding The Man」は、オーストラリアの作家、俳優、活動家のティモシー・コニグレーブの伝記です。2006年には、劇作家のトミー・マーフィーによって舞台用に脚本化され、この舞台は、近年において最も成功した舞台の1つとされています。

『ホールディング ザ マン』| Holding The Man
出演:ライアン・コア、クレイグ・ストット、ケリー・フォックス

『母が教えてくれたこと』| Other People

恋人と別れ、仕事もイマイチなNY在住のコメディライターが、余命わずかな母親のため故郷へ戻る。家族の前では平静を装ってはいるものの、内心はボロボロで…。

29歳のゲイのDavid役をマット・デイモン似のジェシー・プレモンスが演じています。母親役には「Will and Grace」でヴァル役(めちゃくちゃ面白い役です)、映画「エミリーの愛の詩(原題:Wild Nighs with Emily」で主演を務めたモーリー・シャノンが演じています。

『母が教えてくれたこと』| Other People
出演:ジェシー・プレモンス、モリー・シャノン、ブラッドリー・ウィットフォード

『ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー』| Velvet Buzzsaw

辛口評論家、冷酷な画商、野心家の助手のモルフ・ファンデヴァルト(ジェイク・ギレンホール)。急逝した無名画家が遺した絵画を利用して自己の利益を得ようと目論むすべての人間に、悲劇的な結末が待っていた…。

2019年にNetflixで配信されたサスペンス映画です。アカデミー賞にもノミネートされた「ブロークバック・マウンテン」でジャック役を演じたジェイク・ギレンホールが、クィアな辛口評論家を演じています。

『ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー』| Velvet Buzzsaw
出演:ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、トニ・コレット、ゾウイ・アシュトン

『クリスマスに降る雪は』| Let It Snow

クリスマスイブに記録的な大雪に見舞われた田舎町。高校最後の冬を過ごす若者たちにとって、友情、恋愛、そして未来を変えるかもしれない運命の聖夜が幕を開ける。

2019年11月にNetflixで公開されたこの映画は、ジョン・グリーン、ローレン・ミラクル、モーリーン・ジョンソンが2008年に発表した小説『Let It Snow: Three Holiday Romances』を原作としています。
クローゼットのレズビアンのドリー役を演じたオーストラリア出身のリヴ・ヒューソンは、実生活では16歳の時にゲイでノンバイナリーであることをカミングアウトしています。

『クリスマスに降る雪は』| Let It Snow
出演:イザベラ・モナー、シャメイク・ムーア、キーナン・シプカ

『ノット・オーケー』| I Am Not Okay With This

居心地悪い高校生活、家庭の事情、親友ディナへの報われない片思い。落ち込んでばかりの27歳のシドニーは突然謎の超能力に目覚め、思春期の悩みはますます複雑になるばかり。

今年2月にNetflixでシーズン1、7エピソードが配信されました。1エピソードが23分ほどなので一気に見ることもできます。単なる17歳の恋愛ドラマではなく、笑いありSF要素もありといった作品です。予告編でも血だらけのシドニーが走っていますが、最後のエピソードが衝撃で、シーズン2を期待させてくれるような展開になっています。

『ノット・オーケー』| I Am Not Okay With This
出演:ソフィア・リリス、ワイアット・オレフ、キャスリーン・ローズ・パーキンス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする