男性にとってはゆったりボクサーパンツがおすすめ?!

メンズアンダーウェア あなたは何派?

皆さん、どんなパンツ履いてますか?

ボクサーパンツ、ブリーフ、トランクス、ケツ割れ、褌など男性のアンダーウェアの種類もいろいろです。

私は普段はややぴったりとしたお尻がはみ出ない程度のローライズのボクサーパンツ派ですが、寝るときはトランスを履いています。

パンツ選びをするときは色、デザイン、価格、素材、機能などを考慮していますが、あまり派手な色やデザインだったり、ローライズすぎるとジムで着替えるときに少し恥ずかしいので無難に単色でワンポイントが付いたようなものにしています。

しかし、パンツ選びももう少し慎重にしたほうが良いかもしれない調査結果が報告されました。

今回は「ボクサーパンツと精子の数&濃度」に関する調査結果をご紹介します。

ボクサーパンツを履いている男性のほうが精子の数が多い

米国の新しい調査によって、ゆったりとしたボクサーパンツを履いてる男性は、他のタイプの下着を履いている男性よりはるかに精子の数が多いということがわかった。

ハーバード大学の研究者は、ボクサーパンツを履いている男性は他のタイプの下着を履いている男性より精子濃度が25%高く、精子の数は17%多いことを発見したとNew Scientistは報告している。

“Type of underwear worn and markers of testicular function among men attending a fertility center(不妊治療センターに通う男性が履いている下着の種類と精巣機能の指標)” という調査では、656名の男性から精子のサンプルを集め、対象者にはサンプル採取前に直近の3ヶ月でどんな種類の下着を一番履いていたかという質問に答えてもらっている。

また、調査ではボクサーパンツを履いている男性は他のタイプの下着を履いている男性より、1回の射精における精子が1/3倍元気に泳ぐということもわかった。

科学者は今回の発見において年齢、体重、喫煙などの外因も考慮している。

しかしながら、彼らは調査に盛り込まれていない何かしらの要因の可能性があると考えている。

ハーバード大学の栄養疫学者Jorge Chavarro准教授が今回の調査を指揮した。

“New Scientist”にChavarro氏は、ぴったりとした下着を着ている男性は精子の数が少ないという結果であったが、一般的に精子濃度は平均値内となっていると述べている。

「どういったタイプの下着を履くべきか注意することで恩恵が得られる可能性のある男性は、既になんらかの生殖能力に問題がある方です」と彼は述べた。

精子産生は温度によって影響を受け、腹部近辺はより涼しくしておく必要がある。

Chavarro氏は、ぴったりとした下着によっていかに睾丸がより腹部の近くまで移動し、それによって陰嚢内の温度が上昇するということを示した前回の調査結果を提示した。

また、調査では下着の種類の違いによっていかに男性の血液内の生殖ホルモンレベルが影響されるかについても研究している。

調査の要約の結果は以下の通り:
「ボクサーパンツを常日頃から履いている男性はそうでない男性に比べると、精子濃度が高く、精子の数も多く、卵胞刺激ホルモンの基準値は低い傾向にある」

関連記事:Men who wear boxers have a much higher sperm count, says study

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする