78歳のゲイの男性と13歳のゲイの男の子の対談

picture from pinknews.co.uk

二人のゲイの年齢差は65歳

78歳のゲイの男性と13歳のゲイの男の子がそれぞれのゲイとしての経験について対談する新しい動画がリリースされた。

78歳のパーシーと13歳のルイスはそれぞれゲイとしての生い立ちや生活について話し合っている。

動画は、イングランドとウェールズにおける同性愛の非犯罪化の50周年記念日に先駆けてリリースされた。

動画でパーシーは、「世界は変わり、君は自分らしくいられる。君はとてもラッキーだと思うよ。」と話した。彼は、51年連れ添う89歳のパートナーのロジャーを紹介している。

パーシーは16歳の時、ゲイクラブに入るのに偽名を使わなくてはならなかったことについても話している。

「いつも何かが起こるかも知れないという疑いを少し持っていたので、完全に安心するということはなかった。」と彼は言った。

ルイスは、かつて同性愛が違法で逮捕されるということを知らなかったと言った。

彼は、「僕は(同性愛という理由で)逮捕されてしまうということをこれまで聞いたことありませんでした。ゲイであるということで、警察官が家のドアをノックして、家の中に入って逮捕するなんて思いもしませんでした。衝撃的です。」

「誰かを愛しているということを認めるだけで、逮捕されてしまうなんて、驚きです。ほんとうにショッキングなことです。」

最後にパーシーはルイスに「自分自信に忠実でいてほしい。ゲイであることで立ち向かい、1番重要なことは、誰かを愛しても構わないということを人々に理解してもらうように努めてください。愛は愛だから。」と伝えた。

「我々全てが世界において敵ではなく、仲間そして、支え合えるようになるように自分の範囲を超えて人々に考えてもらうように努めてください。」

関連記事:A 78-year-old man and a 13-year-old boy sat down to talk about being gay (VIDEO)

今回ご紹介した「YOUNG, GAY AND ILLEGAL – Then & Now」という動画では、異なる時代にカミングアウトした78歳のパーシーと13歳のルークの対談しています。

動画の3:30くらいにパーシーが15〜16歳の時のカミングアウトについて話しています。パーシーには仲の良い友達がいましたが、その友達は親にゲイであることがバレたか何かで全寮制の学校に入学させられてしまいました。その後、親元に戻された友達と話しているうちに、お互い男性が好きであることを認めたとのことです。16歳の時、その友達にゲイクラブに行こうと誘われました。未成年の二人がゲイクラブに行くということは、自分たちと同じよう人たちや同じような感覚を持った人たちに出会える機会であり、もちろん楽しみでもあるが、それ以上に今までにないような体験になると当時、心躍らせていたとのことです。

昔に比べると現在はゲイであることに寛容的な社会になっているように思えますし、アプリやインターネットを使えば、他のゲイの人に会おうと思えば会えます。社会での性的マイノリティーへの理解が進んで行くこと良いことだと思いますし、コミュニケーションツールの進歩やネット媒体の充実化などにより「ゲイであることによる孤独や疎外感」は以前に比べれば緩和されているところもあるかと思います。その一方で、これは私個人の見解ですが、ゲイであることが珍しくない社会になればなるほど(もちろん理想的な環境です。)、パーシーが感じたようなこれまでにない高揚感(自分と同じような他のゲイの人たちに会えるという理由からの)は得られないような気がして少し切ないような気もしました。

TRENT & LUKE

今回ご紹介した動画のエンディングに出演しているカップルは、「TRENT & LUKE」のYoutubeチャンネルでおなじみのトレント・オワーズとルーク・シェイラーです。何がきっかけかは忘れましたが、可愛いカップルだと思ってYoutubeチャンネルを登録して、たまに見ていました。

トレント(ミッキーマウスのシャツ)は、オーストラリア出身、ルーク(両耳ピアス)はイギリス出身で、二人は2013年10月に結婚しています。2014年に2人のYoutubeチャンネル「TRENT & LUKE」開設し、これまで多くの動画を公開しています。

こちらも是非、ご覧ください:)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする