だいぶ前に別れたのに元カレのことが忘れられない。

スポンサーリンク

元カレとの思い出はそっと引き出しの中に閉まっておく

あなたは元カレのことを思い出すことはありますか?

恋愛に関して男女の脳の構造の違いとして、男性は「名前を付けて保存」する引き出し型で、女性は「上書き保存」の更新型と言われており、男性は現在付き合っている人がいたとしても、以前付き合っていた人のことを思いだす傾向が強いそうです。

昔撮った写真が貼られているアルバムを眺めるように、引き出しの中身をざっと見ている分にはいいのですが、あまりにもじっくりと見入ってしまうと現実と混同してしまうこともあります。そして、過去を懐かしみ過ぎると、そのことに囚われてしまうなんてことも・・・。

誰しも思い出に浸りたいときもありますし、過去を消すことも出来なければ、すぐに忘れることもできないでしょうし、気が済むまで一度どっぷりその思い出に浸かり、向き合ってみるのもよい場合もあるかもしれません。ただ、もしそこにずっとい続けたとしても生まれるものはないでしょう。良い思い出はそのままに。そして、新たな良い思い出を作っていくのはいかがでしょうか。

今回の記事では、12年間付き合い、8年前に別れた元旦那のことを今でも思い続けている男性の悩みに対して、カリフォルニア州の認定マリッジ&ファミリーセラピストのJake Myers氏が答えています。是非、参考にしてみてください。

8年前に別れた元旦那を今も思っている・・・

親愛なるジェイクへ

私は今でも元旦那のことを愛しています。彼が私のことを愛していないことが分かり、別れてから8年になります。彼はそれを否定しませんでした。その後間もなく彼は新たな人と出会い、1年後には再婚をしました。私は今でも彼のことを毎日思っています。彼が私のことも今も好きだったらいいのに。不運な日々の中、私は12年間に及ぶ関係を終わらせてしまったことを後悔し、生涯の恋人を失ってしまったと思っています。でも、彼は嘘つきで浮気者でした。彼が私にはふさわしくないということはわかっています。どうしたらここから抜け出せますでしょうか?

真心を込めて

Stuck Like Glue

親愛なるStuck Like Glueへ

ご自身にふさわしいくないと分かっていた関係のために8年もの間、ご自身を責めるには長すぎたのではないでしょうか。あなたの手紙からは、最終的には彼と別れるべきだったということが読み取れます。あなたにふさわしい関係というものは、あなたが愛され、リスペクトされていると感じられるようなものです。

もし彼が浮気や嘘をついて、あなたのことを愛していないことを認めたのであれば、もちろん、彼を手放さなければなりません。とは言っても、時に過去にとらわれてしまうこともあるでしょう。現在、あなたは孤独を感じているかもしれませんし、そんなに悪いことでもなかった、もしくは、間違った決断を下したのではないかと思わせようとしているのかもしれません。後悔してはいけません。

あなたは元旦那のことを今も愛しているとおっしゃっています。あなたは彼のことを本当に愛しているのかもしれませんが、実際に目の前で起こっていることは、自己犠牲の循環の中で身動きができなくなっているのではないでしょうか。

あなたが過去の決断やどんな生活を送っていたのか(どうなっていたか)を嘆くとき、すべてが実際にはうまくいっているときであっても、今この瞬間にあなたは存在していないことになります。あなたの心の中には、その犠牲者となれる場所にとどまることに居心地良く感じてさえいるところもあるかもしれません。

おそらく、それは子供の頃か昔からわかっていたことでもあるので、心当たりもあるでしょう。今あなたはその感情を再び引き起こすパターンに陥っていおり、実際はあなたの元旦那についてというよりは、むしろあなたとあなたの心の状態に関係しています。

あなたは既に一度、浮気や嘘、そして愛されなくなったことで被害を被っったが、これまでの8年間は彼ではなくあなたがもたらしたそのプロセスの継続でした。元旦那は新しい人生を歩んでいます。あなただけが自身の幸福を抑止する力を持っています。あなたが再び恋いこがれるその彼は存在さえしないのです。単なるファンタジーなのです。

どのみちあなたにとってプラスとならなかったことを嘆くかわりに、人生の次のステップを考え始め、それらの機会を探すことで、あなたの翌年の生活はどんなものになるでしょうか?

もしやっとのことでChipotleで可愛い子にコーヒーデートに誘ったら、もしくは、新しいデートアプリに登録したらどうなるのか?

今回の件については、あなたが今やっていることを自分に対してこのままし続けるつもりかどうか、それとも、前に進むことを決め、自分自身を心から愛するのかどうかについて見つめなおす機会であり、あなたにとって転機なのかもしれません。あなたは自分でもなければ他の誰によっても犠牲となるようなことになってはいけません。

再出発のためにセージの葉を生活空間に置いたり、別れた後に元旦那が取りにくることのないであろう靴下を箱の中に閉まって鍵をかけたり(本当にドラマチックにするのであれば、裏庭でそれらを燃やすことできます)するなど象徴的な儀式を行うこともできるでしょう。こうすることで過去と決別し、新しいスタートを切るためのきっかけとなるでしょう。

我々は皆、愛されたいと思っており、あなたもその一人でしょう。よかったこととしては、あなたにはいつでも頼りになる人が一人はいます。ル・ポールが毎週金曜の夜に「自分のことを愛せないのなら、いったいどうやって誰かを愛せるっていうの?」と言っています。

まず第一に優先すべきことは、自分のことを大切にすることです。それが、喪失に溺れ、加虐的ではあるが心地よい習慣を諦めることを意味するとであってもです。我々は他人がすることをコントロールすることはできませんが、自分自身をどう扱うかについてはコントロールすることはできます。

関連記事:I broke up with my ex 8 years ago and I still can’t stop obsessing over him

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする