映画『ミッドナイトスワン』台湾で上映決定!

picture from 映画『ミッドナイトスワン』
スポンサーリンク

最期の冬、母親になりたいと思った。

ミッドナイトスワン』をもうご覧になりましたか?

9月25日(金)より公開中の草彅剛さん主演・映画『ミッドナイトスワン』は10月22日には興収5億円を突破、公開5週目に突入した今も132館で上映が続き、多くのお客様が来場しています。

そして、『ミッドナイトスワン』は海を渡り、台湾でタイトルを『午夜天鵝』に姿を変え、2020年大晦日、12月31日(木)より公開(配給 天馬行空電影)されることになりました。この情報解禁は、10月31日(土)に首都台北で行われている「台湾LGBTプライド」(「台湾同志遊行」)の開催に併せて公開されたとのことです。

ストーリー

故郷を離れ、新宿のショーパブのステージに立ち、日々身体と心の葛藤を抱えながらひたむきに生きるトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)(草彅剛)。ある日、故郷の広島から育児放棄にあっていた少女・一果(服部樹咲)を預かることに。常に片隅に追いやられてきた凪沙と、孤独の中で生きてきた一果。理解しあえるはずもない二人が出会った時、かつてなかった感情が芽生え始める・・・。

だいぶ遅くなりましたが、私も先日、映画館に見に行きました。全席販売を再開した後の平日の午前中でしたが満席の状態でした。ここで下手な映画のレビューをしてしまうと先入観を与えてしまいそうなので控えますが、ゲイの私が見てみて色々と考えさせらえるところもありましたし、もどかしかを感じるところ、共感できるところもありました。とにかく涙が止まらない映画ですが、自然とほほ笑んでしまうようなシーンもあります。

また、まっすぐな性格で心温かい主人公の凪沙(なぎさ)を演じた草彅剛さんは演じていたというよりは草彅さんの中から凪沙という人格を生み出していたようでした。

コロナがまだまだ心配ではありますが、劇場でご覧になりたい方は、コロナ対策をしっかりとしたうえでご覧ください。

『ミッドナイトスワン』
脚本・監督: 内田英治
出演:草彅剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛 聖
音楽: 渋谷 慶一郎
公式サイト:https://midnightswan-movie.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする