ユーロビジョン2021、セミファイナルを勝ち抜いた20ヶ国を含む計26ヶ国が5月22日(日)のグランドファイナルへ

picture from Eurovision Song Contest 2021
スポンサーリンク

グランドファイナル出場する26ヶ国

39ヶ国が出場するオランダ、ロッテルダムで開催されているユーロビジョン・ソング・コンテスト2021

18日(日本時間 19日4時~)にセミファイナル1、20日(日本時間 21日4時~)にセミファイナル2が行われ、22日(日本時間 23日4時~)にグランドファイナルが開催されます。

グランドファイナルには、セミファイナル1&2から各10ヶ国、グランドファイナルから参加するBig fiveの5ヶ国(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス)とホスト国のオランダの計26ヶ国が出場します。

セミファイナル1&2の開催前に通過者予想をしましたが、結果はそれぞれ10組中7組が的中しました。

こちらがグランドファイナルに出場する26ヶ国のリストとなります。

正直、今年は誰が優勝するか全く見当がつきませんが、個人的にはマルタ代表のDestiny、ブルガリア代表のVictoria、ウクライナ代表のGo_A、イタリア代表のMåneskin、サン・マリノ代表のSenhitがお気に入りです。このうち優勝は、Go_AMåneskinのどちからではないかと予想しています。

順番 アーティスト From
Cyprus
キプロス
Elena Tsagrinou El diablo SF1
2 Albania
アルバニア
Anxhela Peristeri Karma SF2
3 Israel
イスラエル
Eden Alene Set Me Free SF1
4 Belgium
ベルギー
Hooverphonic The Wrong Place SF1
5 Russia
ロシア
Manizha Russian Woman SF1
6 Malta
マルタ
Destiny Je me casse SF1
7 Portugal
ポルトガル
The Black Mamba Love Is on My Side SF2
8 Serbia
セルビア
Hurricane Loco Loco SF2
9 United Kingdom
イギリス
James Newman Embers GF
10 Greece
ギリシャ
Stefania Last Dance SF2
11 Switzerland
スイス
Gjon’s Tears Tout l’Univers SF2
12 Iceland
アイスランド
Daði og Gagnamagnið 10 Years SF2
13 Spain
スぺイン
Blas Cantó Voy a quedarme GF
14 Moldova
モルドバ
Natalia Gordienko Sugar SF2
15 Germany
ドイツ
Jendrik I Don’t Feel Hate GF
16 Finland
フィンランド
Blind Channel Dark Side SF2
17 Bulgaria
ブルガリア
Victoria Growing Up Is Getting Old SF2
18 Lithuania
リトアニア
The Roop Discoteque SF1
19 Ukraine
ウクライナ
Go_A Shum (Шум) SF1
20 France
フランス
Barbara Pravi Voilà GF
21 Azerbaijan
アゼルバイジャン
Efendi Mata Hari SF1
22 Norway
ノルウェー
Tix Fallen Angel SF1
23 Netherlands
オランダ
Jeangu Macrooy Birth of a New Age GF
24 Italy
イタリア
Måneskin Zitti e buoni GF
25 Sweden
スウェーデン
Tusse Voices SF1
26 San Marino
サン マリノ
Senhit feat. Flo Rida Adrenalina SF2

セミファイナル1

セミファイナル1は、前回優勝者のダンカン・ローレンスDucan Laurence)の「Feel Something」で開幕しました。

ダンカン・ローレンスはグランドファイルでもライブパフォーマンスを予定していましたが、20日に新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。残念ながらグランドファイナル当日は会場でのパフォーマンスはできなくなってしまいましたが、症状も軽度らしいので恐らくリモートで出演することになるようです。

16ヶ国が出場したセミファイナル1

各国の代表アーティストが集まるコンテストということもあり予想通り大混戦でした。そして、ユーロビジョンといえば、何と言ってもライブパフォーマンスが楽しみなところです。その点においては、コロナの影響でロッテルダムに渡航できず、事前録画のパフォーマンスでリモート出場をしたオーストラリア代表のモンテーニュMontaigne)は不利だったのかもしれません。個人的にモンテーニュを応援していたのもあり残念でした。

セミファイナル1で通過したアーティストの中から1組だけ特に良かったアーティストをあげるとするとウクライナ代表で4人組のエレクトロ・フォークバンドのゴーエイ(Go_A)です。

昨年に続きウクライナ代表に選ばれたGo_Aは、今大会では「Shum (Шум)」を披露しました。最初に公開された「Shum (Шум)」のMVでは、出演者すべてが防護服を着ており、その異様さがかえって曲の神秘性を高めていたような気がしました。セミファイナル1でのライブパフォーマンスでもGo_Aのオリジナリティーと曲の神秘性が絶妙にマッチしていたような気がしました。また、ボーカルのカテリナ・パヴレンコKateryna Pavlenko)の鮮やかな黄緑のファーのような衣装も素敵でした。

Go_Aは、セミファイナル前にボーカルのカテリナが体調が悪くなってしまい、2回目のリハーサルを行うことができませんでした。ユーロビジョンの安全衛生プロトコールに従い、PCRテストを行いましたが、結果は幸いにも陰性でした。もしかしたらユーロビジョンの会場で参加ができなかったかもしれないという不安を経てのライブパフォーマンスでした。

Go_A – Shum – LIVE – Ukraine 🇺🇦

Follow Go_A:
Instagram:https://www.instagram.com/go_a_band/
Twitter:https://twitter.com/_go_a_

セミファイナル1では、グランドファイナルから出場するイタリア代表のマンスキン(Måneskin)、ドイツ代表でオープンリーゲイのジェンドリックJendrik)、以前も紹介したホスト国のオランダ代表でオープンリーゲイのジャングー・マクロイ(Jeangu Macrooy)のパフォーマンスも披露されました。ジャング・マクロイのパフォーマンスは必見です!

ここではマンスキンをご紹介します。マンスキンは4人組のロックバンドで、Sanremo Music Festival 2021で優勝し、今大会の出場権を獲得しました。ユーロビジョンでは数少ないロックバンドの1組ですが、普段ロックを聞かない人でもノリノリになれる曲で、ヴォーカルのダミアーノ・デイビットDamiano David)がめちゃくちゃカッコいいです。ちなみに、イタリアは、ユーロビジョン2019でゲイのマムードMahmood)が「Soldi」で準優勝をしています。

Måneskin – Zitti E Buoni – Italy 🇮🇹 – First Semi-Final

Follow Måneskin:
Instagram:https://www.instagram.com/maneskinofficial/
Twitter:https://twitter.com/thisismaneskin

こちらはセミファイナル1のライブ動画です。是非、ご覧ください。

セミファイナル2

17ヶ国が出場したセミファイナル2

セミファイナル1のほうに個人的にお気に入りのアーティストが集中していたので、当初はそれほどセミファイナル2に期待をしていなかったのですが、完全に間違いでした。トップバッターにサン・マリノ代表のセニートSenhit)の「Adrenalina」でアドレナリン全開で気分も一気に高揚し、セルビア代表のハリケーンHurricane)、フィンランド代表のブラインド・チャンネルBlind Channel)と会場が盛り上がるパフォーマンスがいい感じの順番に入っていたのが良かったです。

セミファイナル2で通過したアーティストの中から1組だけ特に良かったアーティストをあげるとするとブルガリア代表のシンガーソングライターのビクトリア(Victoria)です。

ビクトリアは、昨年に続いてブルガリア代表に選ばれています。ステージでのパフォーマンスは決して派手なものではないですが、この曲の歌詞にマッチしたストーリー性のあるパフォーマンスになっているところがとても素敵でした。水に浮いているのかと錯覚するような演出も、不安な気持ちを抱えながら大人になっていく、成長していくといった不安定さのようなものが表現されているような気もしました。

VICTORIA – Growing Up Is Getting Old – LIVE – Bulgaria 🇧🇬 

Follow Victoria:
Instagaram:https://www.instagram.com/victoriageorgievaofficial/
Twitter:https://twitter.com/victoriageorge_

セミファイナル2では、グランドファイナルから出場するフランス代表のバルバラ・プラヴィBarbara Pravi)、イギリス代表のジェーズ・ニューマンJames Newman)、以前ご紹介したスペイン代表のブラス・カント―(blas cantó)のパフォーマンスも披露されました。

こちらはセミファイナル2のライブ動画です。是非、ご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする