やる気あり美『ピー・エス・エス』

picture from http://yaruki-arimi.com

同性パートナーシップがなんだか楽しそうに見えた

LGBT団体「やる気あり美」が、『ピー・エス・エス』をリリースしました。

以前、「やる気あり美」の太田尚樹さんが月刊「ソトコト」で「ゲイの僕にも、星はキレイで肉はウマイ」という連載をしているということをこのサイトで紹介しました。

関連記事:月刊「ソトコト」 ~ゲイの僕にも、星はキレイで肉はウマイ~

東京・渋谷区で日本初の「同性パートナーシップ制度」がスタートしたのが、2015年11月5日です。

今年で2周年を迎えるこの制度のお祝ソングとして『ピー・エス・エス』が作られました。ちなみにこの『ピー・エス・エス(PSS)』は、同性パートナーシップ制度の略。

現在、日本では6自治体で同性パートナーシップ制度が導入されており、2017年10月末時点で、134組(渋谷区では24組)が制度を利用しているようです。

利用者数が少ないところをみると、単純に制度を利用するまでコミットした同性カップルがいないのかもしれませんし、これまで「パートナーとして認められなかったことで賃貸住宅の入居や病院での面会を断られた」などのネガティブな面が強調されてしまい、「可哀そうなLGBT」への支援制度といったイメージの方が強かったことで利用を躊躇しているのかもしれません。

もちろん制度を利用することで、そういった場面に直面した際に効果を発揮すると思います。ただ、それよりも「制度を利用することでこれからの希望が持てる」、「パートナーとして認めらえることで幸せを感じられる」といった素直な気持ちを伝えていくことで、当事者は制度をもっと身近に感じられるようになるのではないでしょうか。

まずは、ご覧ください!

「書いて 書いて 書いて 出して 出して 出して♪」といった感じでハピーになれますし、中毒性もありますよ:)

「やる気あり美」公式サイト

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする