LGBTミュージック:INNA / Halsey / やる気あり美 / Dannii Minogue / P!nk

INNA – Nirvana

ルーマニアのシンガー・ソングライターのインナ。ルーマニアでもっとも海外でアルバムが売れたアーティストとして様々な賞を受賞・ノミネートもされています。また、人権活動家としてLGBTの権利擁護のキャンペーンなどにも積極的に参加しています。
この「Nirvana」の曲とMVのセンスが素敵です。 

Halsey – Bad At Love

アメリカのシンガー・ソングライターでバイセクシャルであることを公表しているホルジー。「Bad At Love」は、アルバム『Hopeless Fountain Kingdom』からのセカンドシングルで、これまでの自身のうまくいかなかった恋愛(男性&女性)について歌っています。
2015年にリリースされたデビューアルバム『Badlands』からのファーストシングル「Ghost」のMVは東京で撮影され、女性同士の恋愛が描かれています。

やる気あり美 – ピー・エス・エス

今年で2周年を迎える同性パートナーシップ制度のお祝ソングです。ちなみにこの「ピー・エス・エス(PSS)」は、同性パートナーシップ制度の略。同性パートナーシップ制度がなんだか楽しいものかもしれないと思えるようになりました。
関連記事:やる気あり美『ピー・エス・エス』

Dannii Minogue – Galaxy

カイリー・ミノーグの妹 ダニーの新曲。「Galaxy」は、同じオーストラリア出身のアーティストSiaによって作曲されました。今年は22年ぶりにオーストラリアツアーを行ったTake Thatのツアーにゲスト出演するなど音楽活動にも力を入れていました。
ダニーの名曲「I Begin To Wonder」「Put the Needle on It」も是非、聞いてください。

P!nk – Beautiful Trauma

P!nkの新曲「Beautiful Trauma」には「マジック・マイク」のチャニング・テイタムが出演しています。MVでは、チャンニングが女装、P!nkが男装といった感じで二人の立場が入れ替わる面白い内容になっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする