祝・台湾!アジアで初、同性婚を認める法案が可決

17日、同性婚を認める法案が可決。24日に施行。

台湾行政院(内閣)が提出した同性婚を法制化する関連法が、17日の立法院(国会)本会議で、賛成多数で可決、成立しました。

台湾では2017年、司法院大法官会議(憲法裁判所に相当)が同性婚を認めないのは違法だと判断し、政府は2019年5月24日までに法改正するよう義務付けられていました。しかし、教会や保守系団体などのアンチ派が同性婚に対抗するキャンペーンによって、昨年11月に国民投票が実施され、民法の「結婚は男性と女性のものである」という文言を変えるのではなく、新たに同性婚が認める法案が提出されました。そして、立法院は今回、3つの異なる法案を審議・採決しましたが、蔡英文総統率いる政府の提出した、最も進歩的な案が可決されました。

蔡総統はツイッターで、「おはようございます。今日、我々には歴史を変えるチャンスがあり、東アジアの社会にも進歩的な価値がに根付いていることを世界に示しましょう」と述べ、法案可決後には、「2019年5月17日、台湾では愛が勝った。私たちは真の平等に向かって大きな一歩を踏み出し、台湾をより良い国にした」と述べました。

台湾では5月24日から、18歳以上の同性カップルが異性カップルと同等に結婚の登録ができるようになります。これにより、男女の夫婦と同等に、相続権、財産権、互いの扶養義務などの権利・義務が与えられます。

しかし、国際結婚が認められない、養子縁組については、カップルのどちらかに血縁関係がある子どもに限って養子にすることが認められ、そうでない場合は認められないなどといった課題はまだあるようです。

こちらは法案可決された瞬間の動画です。この喜びを日本でも味わってみたいと思いました。

関連記事:台湾、同性婚認める法案を可決 アジア初

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする