ミュージック:Kazaky / Guy Sebastian / Gregory Dillon / NETTA / Fire Saga

picture from Kazaky - Fucking Beautiful
スポンサーリンク

Kazaky – Fucking Beautiful

ウクライナ出身でピンヒールを履いて踊るのが特徴のKazaky(カザキー)。メンバーは、Kyryll Fedorenko、Artur Gaspar、Artemiy Lazarevに加えて昨年からVlad KovalとEvgeny Goncharenkoが新たに加入しています。
「Fucking Beautiful」はソーシャルディスタンスを取るために、それぞれ別々に撮影されたそうです。それにしてもめちゃくちゃセクシーです。

Follow Kazaky:
Instagram: https://www.instagram.com/kazakyofficial
Twitter: http://twitter.com/KazakyOfficial

Guy Sebastian – Standing With You

Australian Idol(2003年)の初代優勝者のGuy Sebastian(ガイ・セバスチャン)。
The X Factor(2010 2011 2012 2015 2016)のジャッジを務め、2015年のEurovision Song Contestのオーストラリア代表として出場し、5位になりました。現在は、The Voice Australiaのコーチを務めています。
「Standing With You」は9枚目となるリリース予定のアルバムからの4曲目のシングルです。この曲は彼自身のことを歌った曲であり、現在大変な状況にある人々、彼らにどのように手を差し伸べお互い支え合うのかについても歌っています。ちなみに彼はゲイではなく、2児のパパです。

Follow Guy Sebastian:
Website: http://guysebastian.com
Instagram: https://www.instagram.com/guysebastian
Twitter: https://twitter.com/GuySebastian
TikTok: https://www.tiktok.com/@guysebastianofficial

Gregory Dillon – Plastic Ferrari

アメリカ出身のシンガーソングライターのGregory Dillon(グレゴリー・ディロン)。80年代を思わせるようなシンセポップの彼の作品は、聞いていて懐かしさを感じさせてくれます。また、これまでの彼のMVを見ていただくとわかるようにとてもカラフルな作品になっており、見ていると元気になれます。また、Gregory Dillonのルックスと歌声とのギャップも魅力的です。デビューアルバム『Send Me Letter』もリリスー予定です。

Follow Gregory Dillon:
Website: https://www.gregorydillon.com/
Instagram: http://instagram.com/iamgregorydillon/

NETTA – Cuckoo

イスラエル出身の歌手でLGBTフレンドリーのNetta(ネッタ)。2018年のユーロビジョン・ソング・コンテストにイスラエル代表として出場し、優勝しました。個性的でありつつ才能溢れるアーティストです。また、彼女のMVはとても芸術的かつ独創的です。Netflixの映画『ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜』にも出演しています。

Follow Netta:
Website: https://nettamusic.com
Instagram: https://instagram.com/nettabarzi
Twitter: https://twitter.com/nettabarzilai
TikTok: https://www.tiktok.com/@nettabarzili

Fire Saga – Husavik(My Home Town) 

Will Farrell(ウィル・ファレル)とRachel McAdams(レイチェル・マクアダムス)が主演のNetflix映画『ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜』からの曲です。残念ながらユーロビジョン・ソング・コンテスト 2020は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりましたが、映画の中にはこれまでの出場者も出演しています。
「Husavik(My Home Town)」は映画の中のアイスランド代表としてユーロビジョンに出場するFire Sagaによって披露された曲です。レイチェル・マクアダムスは実際には歌っておらず、2006年のジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテストのスウェーデン代表と出場したモリー・サンデーンが歌っています。

Follow Molly Sandén:
Instagram: https://www.instagram.com/m0llys/
Twitter: https://twitter.com/mollysanden

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする