Amazonプライム オープンリーゲイのピート・ブティジェッジ運輸長官のアメリカ大統領選を記録したドキュメンタリー映画『Mayor Pete』|11月12日(金)配信スタート

Amazon
picture from Mayor Pete
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市長から米大統領への挑戦

ピート・ブティジェッジPete Buttigieg)氏のことはご存じでしょうか?

オープンリーゲイとして2020年アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したことで、大きな注目を浴びましたが、出馬前は2012年に若干29歳でインディアナ州北部に位置するサウスベント市の市長に就任しました。2015年の市長選挙では2期目の再選を果たし、2020年1月1日に任期満了で市長を退任してます。

大学はハーバード大学とオックスフォード大学を卒業し、2007年~2010年はマッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタントとして働き、2009年~2017年は米国海軍予備役将校となり、2014年には7ヶ月間、市長の任務を離れ、アフガニスタンへ従軍しました。

2019年1月23日に大統領選挙に出馬することを発表し、同年4月14日から正式に大統領選のキャンペーンをスタートさせました。民主党予備選挙では序盤は善戦していましたが、2020年2月のサウスカロライナ州での予備選挙で4位となったことで、同年3月には撤退宣言をし、バイデン大統領への支持を表明しました。

バイデン政権では運輸長官に指名され、同性愛者と公言している初めての閣僚となりました。※実際にはトランプ政権時代に国家情報長官代行を務めたリチャード・グレネル(Richard Grenell)や閣僚には含まれない高官まで含めると、オバマ政権時に陸軍長官を務めたエリック・ファニング(Eric Fanning)がいます。

私生活では2015年から付き合っているチャスティン・ブーテジェッジ(Chasten Buttigieg)氏と2018年に結婚をし、今年の9月に双子の親となったことを発表しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pete Buttigieg(@pete.buttigieg)がシェアした投稿

ドキュメンタリー映画『Mayor Pete』では、ピート市長が2020年の大統領選出馬の決心したことから大統領選キャンペーンの詳細を記録した作品となっています。

監督は、民主主義の核心に迫る異色のドキュメンタリー作品で2020年のサンダンス映画祭グランプリを受賞した『Boys State』のジェシー・モス(Jessie Moss)氏です。(『Boys State』は、テキサス州全土から集まった10代の少年たち1100人が、疑似選挙を行い州政府を一から構築する政治キャンプを記録した作品です)

この作品は10月14日(木)にシカゴ国際映画祭で初上映され、Amazonプライムでは配信対象国が「Worldwide」となっていたので、恐らく日本でも11月12日(金)から配信されるものかと思います。是非、ご覧ください。


映画概要
タイトル:Mayor Pete(2021年製作/アメリカ)
配信:Amazonプライム 11月12日(金)
監督:Jesse Moss

Amazonプライムの作品はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました