見せたい欲求、見えないリスク

消せない事実と残る記憶

Tumblrを使ってる人もそうでない人も、12月17日(月)付でTumblrがアダルトコンテンツを全面禁止しました。Tumblrを使ってない方にはあまり関係ないニュースかもしれませんし、私もその一人だったりします。

それにしてもインターネットやSNSが当たり前のような現在、ちょっと検索すればアダルトコンテンツを見つけることができます。しかも、無料だったり。

ゲイはいつになっても男の子ですし、たまにはというか、ついついエロ動画なんかを見てしまうものですし、それはむしろ自然なことでしょう。一方で見る立場ではなく、SNSなどに裸画像や動画を投稿をしている人なんかもいます。恐らく「見せたい」「見てもらいたい」という欲求は、SNSをやっているなら程度は違うものの誰でも持っているものでしょう。投稿する側の方も需要があるから投稿しているのかもしれないですし、ちょっとしたおふざけだったり、単に自己のモチベーションのための承認欲求を満たすためなのかもしれません。

それらにはもちろんリスクも伴いますし、顔出しをしているなら尚更です。私は「万が一」のことを考えてSNSに投稿する写真は基本的には個人が特定されないようなものであったり、アダルトコンテンツのようなものを投稿するようなことはしていません。「そこまでしてSNSを使う理由は?」と言われそうですが、主に検索と閲覧ツールになっています。SNSをどう使うかはその方の自由ですが、 もし仲の良い友人がアダルトコンテンツなんかを投稿していたら、とりあえず「おい、おい、どした?」と聞くとは思います。

何か投稿するとそれを見た人の中には「いいね」をしてくれる人もいます。その「いいね」が嬉しくて別の投稿をし、これを繰り返していくと見ている側は「次はどんなものが投稿されるのだろう」と期待が膨らみ、投稿する側はそれに応えるかたちで過激な投稿へ向いたりもします。「なぜ一般の人がほぼ裸の姿を抵抗なく公にさらしているんだろう?」と素朴な疑問なのですが、最終的には自己責任であり、何かしらの目的があるのかもしれないので、その方がよければ問題ないかと思ったりします。

人によってインターネットやSNSの使い方や目的はそれぞれですし、使い方次第でとても有効なツールにもなります。また、人によってリスクの許容範囲は異なり、ある人にとっては有り得ないことでも「そのくらいなら気にしない」という人もいます。ただ、表に出ないよう事前に対策を取ることはできても、表に出てしまったものをなかったことにすることは難しいものです。この機会にインターンやSNSの使い方を考えてみるのはいかがでしょうか?

今回は、Tumblrがアダルトコンテンツ投稿を禁止すると発表したときの記事をご紹介します。

Tumblrがアダルトコンテンツを全面禁止

Tumblrは、12月17日付けで動画や写真を含めアダルトコンテンツを禁止すること発表した。

実在の人間の性器もしくは、女性の乳首の露出写真、動画あるいは、GIF画像を禁止する方針は、LGBT+のアダルトコンテンツを投稿、視聴できる安全なスペースとしてプラットホームを利用しているクィアのTumblrユーザーに大きな影響を与えるであろう。

昨年、新たなセーフモードによってLGBT+コンテンツがブロックされていることが明らかになり、LGBT+コミュニティーからの抗議を引き起こしたこのサイトは、児童ポルノが公開されていたことによりTumblrアプリがApple Storeから削除されたことに続いての前進となった。

新たなガイドラインの中で、Tumblrは新たなルールは年齢に関係なく全てのユーザーに適用されると述べている。

Tumblrの新しいアダルトコンテンツルールの例外

Tumblrは一見すると、「 今回の変更は授乳及び、出産や産後における女性の乳首の露出は例外とする」と述べるなどして、女性やLGBT+の当事者に対する差別を避けようとしているように見える。

これまでクィアコミュニティーの多くの人々にオンライン上での安全な場所を提供していたTumblrは、新たなルールの中で「乳房切除後や性別適合手術などのような健康に関連した場面」は例外とすると明記している。

性愛を扱った作品 、政治的あるいは、報道価値のある講演に関連するヌード、彫刻やイラストのような芸術におけるヌードといった活字コンテンツはTumblr上に自由に投稿できる」とガイドラインは説明している。

Tumblrへの投稿を通して、CEOのJeff D’Onofrio氏はユーザーに向け、今回の禁止への変更は、このプラットフォームが確実にクリエティブな表現、自己発見、強い コミュニティー意識にとって安全な場所になることを目的としたものであると伝えた。

「Tumblrは進化し続け、我々が世界に与える影響に対する理解はより明確になっていることもあり、異なる年齢層、人口統計、文化、社会風潮に対する影響についても考慮する責任がある」と彼は付け加えた。

D’Onofrio氏は、新たなガイドラインは利用者を減らすことなく、Tumblrを利用者や彼らの投稿コンテンツにとって憩いの場として見る人を増やすであろうと述べている。

「我々はアダルトコンテンツも含めてコミュニティーにおける表現の賛否の検討に かなりの時間を費やしました」と彼は述べた。

「そうすることで、 アダルトコンテンツがなくてもより快適に自己表現をできる場所を生み出す機会があることが明らかになりました」

結論:アダルトコンテンツを取り扱っているサイトが不足しているわけではない。我々はそちらにお任せし、我々のコミュニティーにとって可能な限り最も快適な環境を作ることに全力を注ぐこととする。

関連記事:Tumblr is banning porn, and users are devastated

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする