ゲイの恋愛。科学的に見て恋に落ちているかどうかを知るには?!

ライフスタイル
スポンサーリンク

これは恋なのか?

春は出会いの季節でもあります。恋愛は出会いがあってのものですから、その出会いの機会が増える春になると気分的に恋愛をしたくなる人も多くなるのかもしれません。

とは言え、恋愛が必ずしも春に始まるとは限りませんし、出会い系アプリが普及している現在、恋多きゲイの方々にとっては季節に関係なく絶賛恋愛中かもしれません。

しかし、恋愛初心者やこれまで恋をしたことがない人にとっては(もしかしたら恋多き人であっても)、自分が恋に落ちているかどうか判断が付かない人もいるかもしれません。中には「恋しているかどうかなんて、自分のことなんだから普通わかるものだろ」と思う方もいるかもしれませんが、それを説明するとなると難しいと思いませんか?

恋愛は相手が会ってのことなので必ずしも簡単なものではありませんし、恋愛経験を重ねることで養われてところもあるでしょう。一方で、あまり頭の中で難しく考えすぎる必要もありません。もし恋愛についてまだ自信がないようでしたら、以下の記事を参考にしてみてください。ただ、一番重要なのは自分の内なる声にまずは耳を傾けてみることかもしれません。

科学的に見てこれは恋なのか?!

恋に落ちているのかどうかはどうやったらわかるのでしょうか?ほとんどの人は”直感でわかるもの”だと答えるでしょう。しかし、その答えに納得できない人もいるでしょう。特にこれまで恋をしたことがない人にとっては当然なことです。結局のところ、わかるはずのことがわからないときはどうやったら知ることができるのでしょうか?

ここでは、恋愛中に最もよく見られる兆候(科学的に実証された)を見ていきましょう。

あなたが恋に落ちているという7つの明確な兆候
新しい恋人のことを考えるいるときはいつもついついニヤけていますか?新しい恋人の近くにいると安心しますか?恋人の話になると感情的になりますか?もしこれらに思い当たる節があるのであれば、恐らくあなたは恋に落ちているでしょう。しかし、確実なものとするために、以下の兆候についても確認してみてください。

1. 感情だけではなく身体的症状も経験する
そうです、実際、あなたは恋わずらいになります。恋に落ちることで気持良くなる一方で、新しい恋愛の初期段階は、良くも悪くも感情のローラーコースターを経験します。

将来のパートナーに良い印象を与えたいと思い多くの人は考え、すべて正しい言動や行動をすべきであると自分自身に多くのプレッシャーをかけてしまいます。これに加えて、常に不確実な感情を処理していかなくてはなりません。もし相手があなたと同じように感じていないとしたら?もしあなたが物事を急いでいたとしたら?もし相手が本当の自分のことを好きでなかったら?

結果として、新たに恋愛をしている人は手のひらに汗をかいたり、緊張して落ち着かなかったり、動悸、食欲不振、不眠といった一般に不安に関連した症状を経験します。これはストレス・ホルモンのノルエピネフリン(ノルアドレナリン)のレベルが高まることにより起こります。

2. 相手のことが頭から離れない
David Khalili氏のような恋愛の専門家は、相手のことが頭から離れないことは恋に落ちていることの明確な兆候の1つであると考えています。朝起きた時に最初に思い浮かぶ人と眠りに落ちる時に最後に思い浮かぶ人が意中の人であるとわかる人もいます。

実際、生物人類学者のHelen Fisher博士は「恋愛的な魅力において、あなたが誰かに猛烈に恋をしているとき、あなたは夢中になっています」と述べています。「プラトニックな魅力においては、あなたが夜も日中も相手のことを考えるようなことはありません。別の言い方をすれば、友人はプラトニックな関係の友人のことに執着するようなことはしません」

では、なぜ恋に落ちると執着してしまうのでしょうか?それはシンプルなことです。恋愛はあなたを幸せにするからです。恋愛をすることでドーパミンや快楽化学物質を放出する脳の一部分を活性化させます。脳は大きな快楽をもたらすことを記憶し、同様の体験を求めるようになるのです。

3. 他の人を世話したくなる衝動に駆られる
誰かに恋をすると、その人と一緒に過ごすだけでは楽しく感じらません。あなたは相手が興味があることを最初に考えるようになっていきます。相手が求めることや欲求により注意を払い、相手の生活がより快適なものになる方法を考えるようになります。これはパートナーに対してより深い共感を抱き、相手のためにできることは何でもしたくなるといったことです。

認定LGBTQ+マリッジ・ファミリーセラピストのAdrienne Michelle氏は、Cosmopolitanに「誰かを好きになり始めると、あなたは相手に相手のことを優先していると感じてもらいたいと思うようになります。これは相手が病気のときにスープや薬を買うことから、相手が仕事が忙しいときに色々とやってあげるといったことです」

しかし、恋愛は、相手にすべてを捧げて自分が求めることは無視しても良いという言い訳にはならないという事は忘れないでください。多くの人々は恋をすると、恋愛相手を中心に全世界が回っていることを良しとして自分を見失いがちです。これは健康的ではなく、結果として完全な共依存関係となってしまうこともあります。

4. 愛する相手があなたにより良い人に導いでくれる
もしあなたがふさわしい人と恋に落ちると、あなたは、キャリア、メンタルヘルス、財政面など自分自身のいくつかの点において成長を望んだり、改善する気になったりもします。

カップルセラピストのKrista Miller氏によると、新しいパートナーはあなたの欠点や短所などを気が付かせてくれ、ベストな状態になるように駆り立ててくれます。

5. パートナーの特徴をまねるようになる
長年連れ添っている多くのカップルが同じような服装をしていることにお気づきでしょうか?恋愛専門家のNikki Goldstein博士によると、「調和のとれた服装」は無意識のうちに行われており、これはデートをしている相手とうまく付き合っていきたいという思いから起こるものであるとのこと。

そのため、恋愛をしている人々はお互いの特徴、食べ物の好み、趣味、興味のあるもの、ふるまい方や話し方に至るまで気が付き、取り入れようとする傾向があります。

「あなたがパートナーに魅力を感じるのは理由があり、恋愛関係にあるということは、間接的に『私ははあなたの振舞いが好きです』と伝えているようなものです」とGoldstein博士は述べています。

6. あなたの周りの世界についてあまり心配しなくなる
全体として、他人や社会について関心がなくなるというわけではないが、恋愛をしているとあなたがもっとも恐れていることや心配していることがそれほど恐ろしいと感じなくなり始めます。むしろ将来待ち受けていることに胸を高鳴らせるようになったりもします。

“Journal of Personality”による調査では、研究者らは、若年層において恋愛関係にあるということは神経症的傾向が低くなることを発見しました。つまり、恋をすると、人は物事を楽観的に考える傾向にあるということです。

7. 3つの重要な要素を経験する
「愛の三角形理論」を開発した心理学教授のRobert. J. Sternberg氏によると、愛には3つの主要な要素があるとのこと。

  • 「親密さ」というのは関係性の近さやつながりといったもの。これは愛する人について考えたり、その人の近くにいると、体の中にこれらの気持ちの温かさを与えてくれるものである。
  • 「情熱」は、恋愛につながる原動力やモチベーションといったもので。これは身体的な魅力であったり、セックスをしたいという欲求のことである。
  • 「決定 / コミットメント」は、相手と将来的な計画や人生を築くことに対するコミットメントのこと。相手に深くコミットすることは永遠の愛の証である。

しかし、これらの要素を経験したからといって必ずしも恋愛を経験しているというわけではありません。2人の間においてこれらの要素の度合いやバランスによるとSternberg教授は述べています。

例えば、「心酔愛」は、親密性とコミットメントがなく、情熱や興奮のみを感じるている状態であるとSternberg教授は述べています。一方、「完全愛」は3つすべての要素をそなえたものであるが、「恋愛」は、親密性と情熱を感じている状態であるとのこと。

恋に落ちているかを知る方法
恋に落ちると様々な不確定要素が伴います。そのため混乱することもあれば、圧倒されてしまうこと、目まいがするようなことさえあります。

しかし、あなたが恋をしているかどうかを明らかにするためにオンライン上で”恋愛をしているかどうか”のクイズを受ける必要はありません。1日の終わりにあなたがすべきことは、自分の体や声に耳を傾けること、少し古くさく聞こえますが、自分の心の声を聞いてみることです。

関連記事:How to know if you’re in love: scientists weigh in

コメント

タイトルとURLをコピーしました