Netflix『ザ・ポリティシャン|The Politician』|9月27日(金) 配信スタート

picture from 『ザ・ポリティシャン』予告編 - Netflix

注目の実力派若手俳優 ベン・プラット

ベン・プラット(Ben Platt)をご存知でしょうか?

ベン・プラットはアメリカの俳優、シンガーソングライターです。彼は12歳の時に家族にゲイであることをカミングアウトし、2019年にMV「Ease My Mind」の中で公にカミングアウトしています。現在、25歳(1993年9月24日生まれ)で、ミュージカルコメディ映画『ピッチ・パーフェクト』やブロードウェイミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』(対人恐怖症で友達もいない母子家庭育ち、自分の居場所が見つけられない17歳の高校生のエヴァン・ハンセンを描いた作品です)などに出演し、第71回トニー賞で主演男優賞を受賞するなど期待の若手実力派でもあります。

こちらはトニー賞授賞式でのパフォーマンスです。

こちらは「Will & Grace」にWillのデート相手として出演したもので、世代間ギャップからストーンウォールの反乱を理解してないことにWillは納得がいかず、セックスはお預けとなるシーンです。

こちらは先日リリースされた新曲「RAIN」です。

そして、ベン・プラットが出演する最新作『ザ・ポリティシャン|The politician』がNetflixにて9月27日(金)から配信スタートされます。

将来、大統領になることを夢見るベン・プラット演じるペイトン・ホバートが生徒会長になるためにあらゆる手段を使って奮闘します。予告編にも映っていますが、女子テニス界のレジェンド、マルチナ・ナブラチロワも出演しているようです。

ストーリー

子供の頃から米国大統領になる夢を抱いているペイトン。その第一歩として、高校という厳しい政治の世界で集団を動かす力を試そうと、同級生たちを相手に丁々発止!

「glee/グリー」を手掛けたライアン・マーフィー製作総指揮の最新作

ライアン・マーフィーの最新ブラック・コメディー『The Politician』は、冷酷なまでの政治変節、倫理観、緻密に作り上げられたイメージ、そして高校が舞台となる物語である。

ベン・プラット演じるペイトン・ホバートは、サンタバーバラ高校に通う裕福な学生で、彼の最終目標はアメリカの大統領になることである。大統領選の模擬選挙の舞台はサンタバーバラ高校で、ホバートは生徒会長になり、ハーバード大学での代表の座を確保するためにキャンペーンを始める。

『The Politician』は、9月27日にNetflixで配信スタートする。この作品には、グウィネス・パルトロー、ルーシー・ボイントン、ジュリア・シュレイファー、ローラ・ドレイファス、レーン・ジョーンズ、テオ・ジャーメイン、デイビット・コレンズウェット、ボブ・バラバン、ベンジャミン・バレット、ジェシカ・ラングが出演し、予告編の動画でジェシカ・ラングが「ゲイに”ケツ舐め”と言って何が悪いの?本当のことなのに、大騒ぎしてさ。ゲイがやることでしょ。ケツを舐めて、ハロウィーンでバカ騒ぎ」とセリフを放っている。

関連記事:Ben Platt Will Do Anything it Takes to Be President in Ryan Murphy’s ‘The Politician’- WATCH

番組概要
タイトル:ザ・ポリティシャン|The Politician
放送:9月27日(金)NETFLIX配信スタート
出演:ベン・プラット、グウィネス・パルトロー、ルーシー・ボイントン、ジュリア・シュレイファー、ローラ・ドレイファス、レーン・ジョーンズ、テオ・ジャーメイン、デイビット・コレンズウェット、ボブ・バラバン、ベンジャミン・バレット

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする