外出自粛でムラムラが止まらないゲイ。どうしたらよいの?

このムラムラを抑えるには

そう言えば、最近、アプリを開いてないかも・・・。

普段から「とりあえず見るか」といった感じで閲覧用くらいにしか使っていなかったアプリですが、新型コロナウイルスで気持ちが落ち着かない中、いつの間にかアプリのことは忘れていたようです。

そこで、久々にアプリを開いてみたところ、普段通りの顔ぶれではありましたが、オンラインの人はちらほらといった感じでした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、この時期、多くのゲイの方々もリスクのあるセックスは避けているようです。

新型コロナウイルスに感染しない/させないように「不要不急の外出は避けましょう」、「手洗い・手指消毒・マスク着用をしましょう」と至る所で注意喚起されているなか、不特定多数(不特定少数、特定のセフレであっても)のリスクのあるセックスをするべきではないことは大半の方々は理解ができるかと思います。実は感染していて自分または、相手が単に無症状なだけということもあり得ます。感染したことが分かれば、自分だけではなく、相手はもちろん職場、友人、接触をした周りの人々にも影響が及びます。

とは言え、この先の見えない自粛生活が続く中で、ムラムラがピークに達して限界がきている元気なゲイな方々も多いはずです。

そのムラムラを自宅でのトレーニングや自己啓発など別のところにぶつけることができるゲイの方々もいるでしょう。一方で、それができないひともいます。でも、それは自然なことです。もしどうしてもムラムラが抑えられないのであれば、「相手がいなくても気持ちよくなれる方法」を自分なりに探してみるのも良いかもしれません。

片っ端からエロ動画を見るのも良し。ひとりプレイを試してみるものも良し。気持ち良いかどうかは自分が一番わかっています。あまり追求しすぎると戻ってこれなくなってしまうかもしれませんが、「何に興奮するのか?」「どうやったら気持ちなるのか?」「そのためにはどんな方法があるのか?」といったところを改めて考えみることから始めてみてはいかがでしょうか?

ただし、くれぐれも他者に迷惑がかかるようなことは絶対にしないようにしてくださいね。

隔離生活でこれまで以上にないくらいムラムラに。

親愛なるJakeへ

私は、隔離生活によってこれまでにないくらいムラムラしています。しかし、ソーシャルディスタンスが求められ、自分が感染してしまうことや誰かを感染させてしまうようなことはしたくないので、セックスをすることに葛藤を感じています。今もなお、ほとんどの時間をGrindrに費やしていますが、罪悪感から直前になってドタキャンをしたりと。セックス無しでは性的欲求が満たさることもなく、もししてしまったら自らの健康を危険にさらすことなってしまいます。どうしたらよいでしょうか?

Horned Up But Locked Downより

親愛なるHorned Up But Locked Downへ

どうやら、隔離生活でムラムラしすぎて気が変になってしまいそうなのはあなただけではないようです。特に、多くの人々が職を失っているもしくは、自宅から交代勤務で働いていることもあり、この時期、そのように感じることはまったくもって自然なことであり、退屈というものは我々の人生において大きな要因にもなります。裸画像に次から次へと目を通すことよりましな暇つぶしとはどんなものでしょうか?

我々の多くは不安を感じており、気持ちも落ち着きません。我々はこの危機の収束の見通しがたたず、経済面や健康面についても不透明であり、頭の中であれこれ余計な事まで考えてしまいます。少し気が滅入っているときに、気分が良くなるものに手を出すことは簡単なことです。あなたの人生に何らかの悪影響を与えるようなことがない限り本来であればセックスは、無害の気晴らしにもなりえます。

とは言え、この状況下で感情に任せて行動をすることは文字通り命取りにもなりかねません。あなたが感じている「罪悪感」は、実際には命の救いの手でもあります。我々はソーシャルディスタンスのガイドラインを最大限に優先させなくてはなりません。

残念なことに、新型コロナウイルスに有効なPrEPは存在しません。つまりは、自分自身やパートナーを危険にさらすようなことのない安全なセックスというものは存在しません。たとえやり取りをしている男性が症状がないと断言したとしても、それは定かではありません。ウイルス陽性の人の中には無症状の人もいます。

しかしながら、オンラインでセックスの相手を探すことは妄想のようなものです。少し長く眺めていれば、最終的には運命の人にたどり着くといったものです。リッキー・マーティンに似ている人が現れるかもしれないという期待に我々は駆り立てられることもあり、この時期においては妄想は悪いことではありません。Grindrはバーチャルな前戯や、すべての規制が解除された後の将来に備えるために使うのであれば無害とも言えるでしょう。

もしあなたがまだイライラしているのであれば、試すべきことは他にもあります。オンラインサイトにアクセスして、好きなだけバーチャルセックスをしてみてください。もしくは、昔ながらのAVを見続けてはどうだろうか。それらは全く異質なことだということはわかっていますが、性的エネルギーが数か月に及んで押さえつけられた後の最初のセックスがどれだけ気持ち良いものかを想像してみてください。

あなただけではありませんし、我々誰もがこれまでにない異様な状況に不安を感じています。何よりもまず安全でいること。後に自分自身に感謝することになるでしょう。

関連記事:I’m hornier than ever in quarantine. What do I do?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする