映画『ジェイミー(原題:Everybody’s Talking About Jamie)』|2021年日本公開決定!ドラァグ・クイーンに憧れる16歳の高校生の物語

picture from Everybody’s Talking About Jamie
スポンサーリンク

ドラァグ・クイーンに憧れる16歳の高校生

2017年にイギリスのシェフィールド劇場で初演され、その後ウエストエンド入りを果たした実話がベースとなっているミュージカル「Everybody’s Talking About Jamie」が映画化され、『ジェイミー(原題:Everybody’s Talking About Jamie)』として2021年に日本公開されることが決定しました。

主人公のジェイミー・ニューはドラァグ・クイーンに憧れる16歳の高校生。母親から真っ赤なヒールをプレゼントされたことから、高校のプロムにドラァグ・クイーンとして参加する夢を抱くも、学校や教師からは猛反対を受けてしまいます。ジェイミーを理解できない父親との確執など様々な困難を乗り越え、自分らしくあろうとするジェイミーの姿に勇気と感動、幸せをもらえる、最高にハッピーなポップ・ミュージカル映画です。

主人公のジェイミー・ニューを演じるのは、5000人のオーディションから選ばれたMax Harwood(マックス・ハーウッド)。本作品で本格的なデビューを飾ります。製作はThe Walt Disney Company傘下の20th Century Studiosです。

この映画情報は10月11日のカミングアウトデーに、世界一斉に公開されました。
全米英での公開は2021年2月26日を予定しており、日本での公開日決定は未定です。

予告編をご覧ください。

『ジェイミー(Everybody’s Talking About Jamie)』(2020|イギリス)
監督:Jonathan Butterell
脚本:Tom MacRae 
出演:Max Harwood、Lauren Patel、Sharon Horgan、Richard E. Grant
Instagram: https://www.instagram.com/jamiemovie/
Twitter: https://twitter.com/jamiemovie

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする