80年代のエイズに翻弄されるUKのゲイの若者を描いたドラマ『It’s A Sin 哀しみの天使たち』

picture from It’s A Sin
スポンサーリンク

It’s A Sin

2021年早々にUKのChannel4とアメリカHBO MAXで放映予定となっている話題作『It’s A Sin』の予告編が公開されました。

『It’s A Sin』は全5話で構成されており、脚本はUKバージョンのQueer As Folkの原作者のRussell T. Daviesです。公開されるまでに約5年ほどかかっているようで、タイトルも「The Boys」、「Boys」を経て、最終的に現在のタイトルになったようです。

『It’s a Sin』は1980年代のAIDS危機に翻弄されるロンドンのゲイの若者らを描いた作品です。主演はYears & Yearsのボーカル、実生活でもゲイのOlly Alexander(オーリー・アレクサンダー)が18歳のRitchie Tozerを演じます。その他の2人のメインキャラクターのRoscoe役を新人のOmari Douglas、Colin役を同じく新人のCallum Scott Howellsが演じます。その他、こちらも実生活でもゲイのNeil Patrick Harris(ニール・パトリック・ハリス)やStephen Fry(スティーヴン・フライ)も出演しています。

日本での公開/配信は未定ですが、日本でも見れることを祈りましょう。

こちらは予告編にも使われているPet Shop Boysの同タイトルの「It’s A Sin」のMVです。併せてお聴きください。

8月17日(火)より日本初配信が決定

日本での配信を心待ちしていた方々へ嬉しいニュースが届きました。

8月17日(火)よりAmazon Prime Video チャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」で配信されることが決定しました。邦題は『It’s a Sin 哀しみの天使たち』になりました。日本語版の予告編も公開されていますので、是非、ご覧ください。

番組概要
タイトル:It’s A Sin 哀しみの天使たち
出演:Olly Alexander、Omari Douglas、Callum Scott Howells、Neil Patrick Harris、 Keeley Hawes、Stephen Fry、Tracy Ann Oberman
脚本:Russell T Davies
監督:Peter Hoar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする