東京オリンピック、アイルランド代表のテコンドー選手、ジャック・ウーリーが暴漢に襲われ手術のため病院搬送に

picture from @ jack__woolley__
スポンサーリンク

一日も早い回復を願うばかり

このサイトでも紹介したアイルランド初のテコンドーでのオリンピック選手となり東京オリンピックに出場したオープンリーバイセクシャルのジャック・ウーリー(Jack Woolley)選手。

東京オリンピックでは、テコンドー競技の58キロ級に出場し、メダルも期待されていましたが残念ながら1回戦敗退を喫しました。

既に母国アイルランドに帰国しているジャック・ウーリー選手ですが、首都ダブリンで暴漢に襲われたと各種メディアが報じています。

ウーリーのインスタの投稿によると、8月13日(金)の夜、友人と食事にでかけた際、事件が起こったとのこと。バーで数杯飲んだ後、リーフィー川に戻ったところ、20代くらいの8~12人の男女が遊歩道を歩いていた人々に次々と襲いかかり、ウーリーもその被害者の一人になってしまったとのこと。

ウーリー個人のインスタに投稿された1枚目の写真は、橋の上で白いシャツを着てポーズをとった写真ですが、2枚目はその2分後に撮られた写真で、口元から大量の血が流れ落ち、白いシャツが真っ赤に染まった痛々しい姿が映し出されています。

事件後は、St James’s Hospitalに搬送され、口の中はもちろん、口の周りも損傷したため手術が必要とのことですが、手術は少し遅れていて明日になるようです。ストーリーには水を飲むのも一苦労でとても痛々しいウーリー姿が映し出されていますが、そんな状況下でもウーリーはストーリーで現状報告とメッセージをくれた方々に感謝の気持ちを伝えています。

今回の事件はウーリーを狙った犯行の可能性は低いとみられていますが、ダブリン市警察はまだ容疑者を確定できおらず、捜査を続けているとのことです。

ジャック・ウーリーの早期回復と容疑者逮捕を祈るばかりです。

関連記事:「なんたる残酷な仕打ちか!」アイルランドのテコンドー代表選手が暴漢に襲われて顔面血だらけに!【東京五輪】

※閲覧注意(2枚目は血が映った写真となっておりますので、苦手な方はご遠慮ください)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jack Woolley(@jack__woolley__)がシェアした投稿

Follow Jack Woolley
名前:ジャック・ウーリー
Instagram(個人):https://www.instagram.com/jack__woolley__/
Instagram(テコンドー):https://www.instagram.com/jack_woolley_tkd/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする