ライフスタイル

ライフスタイル

ゲイカップルのオープンリレーションがうまくいかない理由とは?

オープンリレーションシップ自体が問題ではない オープンリレーションシップという言葉を聞いたことがあるゲイの方々も多いと思います。 オープンリレーションシップの関係は「恋愛関係または婚姻関係にあるカップルが、モノガミ―(1対1の関係)の形...
ライフスタイル

自分がゲイであることの気づきはいつなのか?

気が付いたらゲイだった?! あなたはいつ自分がゲイであることに気が付きましたか? 私の場合、自分がゲイであることを認識したのは中学生の頃だったと思います。ただ、同性に興味はあったけれども、同級生を好きになったということはありませんでした...
ライフスタイル

必ずしもゲイの初体験が興奮するようなものではない話。

顔を思い出せない・・・。 ゲイの初体験。 こんなことを取り上げるとちょっとエッチな話なのかと思う人もいるかもしれませんが、残念ながらご期待に添えるような話ではないかもしれません。 昔は知り合って間もないゲイの友達に「最初はいつだったの...
ライフスタイル

ゲイのみなさんの性生活もコロナとともに

お互いのことも考えて 新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、東京だけでも毎日数百人、全国的にも感染者数は増加傾向にあります。感染リスクはゼロにはならないことを前提に、コロナとともに生きていく必要があり、我々の性生活にも同じことが言える...
ライフスタイル

だいぶ前に別れたのに元カレのことが忘れられない。

元カレとの思い出はそっと引き出しの中に閉まっておく あなたは元カレのことを思い出すことはありますか? 恋愛に関して男女の脳の構造の違いとして、男性は「名前を付けて保存」する引き出し型で、女性は「上書き保存」の更新型と言われており、男性は...
ライフスタイル

コロナ禍でゲイ・バイセクシャルの男性の性行為の頻度は大幅に減少

元の生活に戻れると思ったのに 毎日テレビやネットを見て「また増えたの?」と思いる方もいらっしゃるでしょう。 このまま感染者数が増え続け、自粛生活に戻ってしまうようなことがあれば、またムラムラした日々を過ごすことになるかもしれません。 ...
ライフスタイル

トレバープロジェクトの調査結果によって明らかになったLGBTQIの若者が直面するメンタルヘルスの問題

困ったらとりあえず相談を 7月15日(水)にトレバープロジェクト(The Trevor Project)の「The Trevor Project National Survey 2020」が発表されました。 トレバープロジェクトは、世界...
ライフスタイル

もう我慢の限界!もし新型コロナウイルスのパンデミック中にセックスをするなら・・・。

セックス無しの生活に限界が・・・。 緊急事態宣言が解除され、どれくらいのゲイの方々が発令前の性生活を取り戻しているのでしょうか? 解除を機に「さぁ、やるぞ!」と思った人もいれば、「もう少し落ち着くまで様子を見よう」と思った人もいるでしょ...
ライフスタイル

イングランド、新型コロナウイルス対策で「同居していない人とのセックス」が違法に

新型コロナウイルスでセックスまで規制されたら?! 緊急事態宣言が解除され、手探りの経済活動が再開しています。 そして、東京ではここ数日連続して新規感染者数が2桁に上っています。 自粛生活への逆戻りの不安も残る中で、一人ひとりが「新しい...
ライフスタイル

精液から新型コロナウイルス検出。性交渉でコロナ感染の可能性?!

もう少しだけ様子見を 昨日、39県で緊急事態宣言が解除されましたが、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫、北海道は引き続き緊急事態宣言の対象地域で、外出自粛が要請されています。 今回の解除と延長をきっかけに、気の緩みからなのか以前...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました