『ゴッズ・オウン・カントリー』(ゲイ映画)

God’s Own Country

今年の「第27回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」で上映されたイギリス版『ブロークバック・マウンテン』とも言われている『ゴッズ・オウン・カントリー』が12月に計5回のみ上映されます。

国内の上映はこれが最後となり、DVD化も配信も予定もないとのことです。

関連記事:第27回レインボー・リール東京 ~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~ | カランコエの花

“神の恵みの地”で、僕らは出逢い、愛し合った ――

青年ジョニー(ジョシュ・オコナー)は、老いた祖母(ジェマ・ジョーンズ)と病気の父(イアン・ハート)に代わって、ヨークシャーにある牧場をひとりで管理している。孤独でやり甲斐を感じられない寂れた牧場での日々の労働を、酒と行きずりの不毛なセックスで紛らわすジョニー。ある日、季節労働者のゲオルゲ(アレック・セカレアヌ)が羊の出産シーズンに雇われる。初めは衝突する二人だったが、羊に優しく接するゲオルゲに、ジョニーは今まで感じたことのない恋心を抱き、突き動かされていく…。

<シネマート新宿(東京)>
12月 2日(日)15:35
12月 7日(金)18:50
12月17日(月)夜
12月19日(水)夜

<シネマート心斎橋(大阪)>
12月 9日(日) 午後帯

詳細はシネマートHP公式Twitterをご確認ください。

『ゴッズ・オウン・カントリー』God’s Own Country
監督・脚本:フランシス・リー
出演:ジョシュ・オコナー、アレック・セカレアヌ、ジェマ・ジョーンズ、イアン・ハート
イギリス/2017年/104分/カラー

「ゴッズ・オウン・カントリー」公式Twitter
「ゴッズ・オウン・カントリー」公式サイト(英語)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする