東京パラリンピック、オープンリーLGBTQ+のアスリートが合計25個のメダルを獲得

picture from Closing Ceremony | Tokyo 2020 Paralympic Games
スポンサーリンク

 東京パラリンピック 13日間の大会に幕

13日間にわたって繰り広げられた東京パラリンピックは9月5日(日)に閉会式を迎えました。

東京オリンピック・パラリンピックはコロナ禍での開催に加えて、様々な問題が発生したこともあり開催賛否について意見が分かれていましたが、日本人選手はオリンピックでは金27個、銀14個、銅17個の合計58個、パラリンピックでは、金13個、銀15個、銅23個の合計51個のメダルを獲得するという活躍を見せてくれました。

また、東京オリンピックでは183人のオープンリーLGBTQ+アスリートが出場しましたが、Outsportsによると、東京パラリンピックでは、最終的にリオオリンピックの3倍以上の36人のオープンリーLGBTQ+のアスリートが出場し、金10個、銀11個、銅4個の合計25個ものメダルを獲得しました。

馬術には唯一のオープンリーゲイの英国代表のリー・ピアソン選手が出場しました。また、個人的に楽しみにしていたトライアスロンでは米国代表のヘイリー・ダンツ選手とメキシコ代表のブレンダ・オスナヤ選手が出場しました。

馬術(Equestrian)

名前:リー・ピアソンLee Pearson
国 :英国 🇬🇧
結果:個人(グレードII)🥇 / フリースタイル(グレードII)🥇 / 団体 🥇

オープンリーLGBTQ+の36人のアスリートの中、唯一のオープンリーゲイで英国代表の馬術選手のリー・ピアソン選手は、なんと、個人(グレードII)、フリースタイル(グレードII)、団体の3部門で金メダルを獲得しました。これまで出場した6回のパラリンピックを通して14個の金メダル獲得したことになりました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sir Lee Pearson CBE(@sirleepearson)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sir Lee Pearson CBE(@sirleepearson)がシェアした投稿

トライアスロン(Triathlon)

名前:ヘイリー・ダンツ(Hailey Danz
国 :米国 🇺🇸
結果:トライアスロン女子 PTS2(運動機能) 銀メダル🥈 

名前:ブレンダ・オスナヤ(Brenda Osnaya
国 :メキシコ 🇲🇽
結果:トライアスロン女子 PTWC1(座位) 5位

トライアスロンにはオープンーLGBTQ+の選手2名出場し、アメリカ代表で女子 PTS2(運動機能)に出場したヘイリー・ダンツ選手がリオパラリンピックに続いて銀メダルを獲得しました。また、メキシコ代表のブレンダ・オスナヤ選手が女子PTWC1(座位)の部に出場し5位となりました。

尚、日本代表選手で男子PTS2(運動機能)に出場した宇田秀生選手が銀メダル、男子PTVI1(視覚障害)に出場した米岡聡選手が銅メダルを獲得するなど大活躍を見せました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hailey Danz(@hailstormusa)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Brenda Osnaya(@brendaosnaya)がシェアした投稿

『ライジング・フェニックス』に出演したパラアスリート

Netflixで配信されたパラリンピックに関するドキュメンタリー映画『ライジング・フェニックス: パラリンピックと人間の可能性(Rising Phoenix)』に出演した選手の競技結果をご紹介します。メダルを逃した選手もいましたが、それでも大大活躍でした。

今回取り上げた選手以外にも日本をはじめ世界から多くの選手が東京パラリンピックに出場しました。超人的なプレーを目の当たりにして障がい者スポーツに関心を持った方もいれば、「感動した」「勇気をもらった」などと思った方もいるでしょう。競技を見てそれぞれ感じ取ったことを自分ごととして考えることで自分の中の意識が変わり、新たな価値が芽生えるのかと思います。そして、意識が変わることで最初は小さなことかもしれませんが、行動にも変化が現れるのかと思います。

3年後のパリ大会が開催される頃にはどんな世界が見えるようなっているのでしょうか。

名前 競技&結果
ライリー・バット
Ryley Batt
オーストラリア 🇦🇺 車いすラグビー:4位
エリー・コール
Ellie Cole
オーストラリア 🇦🇺 水泳:自由形S9 100m(5位) 400m(4位) / 背泳ぎS9 100m(4位) / 4×100m 34ポイントフリーリレー 銀メダル🥈 / 4×100m 34ポイントメドレーリレー 銅メダル🥉
ヌタンド・マーラング
Ntando Mahlangu
南アフリカ 🇿🇦 陸上:男子200m T61 金メダル🥇 / 走幅跳 T63 金メダル🥇
タチアナ・マクファーデン
Tatyana McFadden
米国 🇺🇸 陸上:女子400m(4位) / 800m 銀メダル🥈 / 1500m(5位) / 5000m 銅メダル🥉 / マラソン T54(5位) / 4x100m ユニバーサルリレー 金メダル🥇
ジョニー・ピーコック
Jonnie Peacock
英国 🇬🇧 陸上:男子100m T64 銅メダル🥉 / 4x100m ユニバーサルリレー 銀メダル🥉
マット・スタッツマン
Matt Stutzman
米国 🇺🇸 アーチェリー:男子個人 コンパウンドオープン 3回戦敗退
べべ・ヴィオ
Bebe Vio
イタリア 🇮🇹 車いすフェンシング:フルーレB個人 金メダル🥇 / フルーレ団体 銀メダル🥈
崔哲
Cui Zhe
中国 🇨🇳 パワーリフティング:女子45kg級 銀メダル🥈

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする