オーストラリアにUターン決意のカイリー・ミノーグとYears & Yearsのコラボ曲「A Second to Midnight」

picture from Kylie Minogue and Years & Years - A Second to Midnight
スポンサーリンク

オーストラリア、メルボルンにUターン

世界のゲイ・アイコン、オーストラリア出身で”Queen of Pop”のカイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)。

昨年11月にリリースされた15枚目のアルバム『Disco』はUKアルバム・チャートで初登場1位を獲得し、カイリーにとって8枚目の全英1位アルバムとなった本作で、80年代、90年代、00年代、2010年代、2020年代と続けて全英アルバムチャートの頂点に輝いた初めての女性アーティストとなりました。

また、これまで30年間、イギリスを拠点に活動してきたカイリーですが、先日、オーストラリアのメルボルンに拠点を移して活動を行っていくことを発表しました。BBCラジオ2に出演したカイリーは「今年、オーストラリアで家族とたくさんの時間を過ごしたわ。本当にいい気分になったの。(オーストラリアに戻ることは)しばらく話し合ってきたことなの」と述べていました。

今年、コロナ禍でのロックダウンの渡航制限によりオーストラリアに滞在する時間が長くなり、カイリーは人生におけるプライオリティーを考え、今後は、家族との時間をより大切にしたいと考え、Uターンをするを決めたとことです。また、現在お付き合いをしているBritish GQ Magazineのクリエイティブ・ディレクター、ポール・ソロモンズ(Paul Solomons)氏とは遠距離恋愛となるとのことです。

Disco: Guest List Edition 11月12日(金)リリース

カイリー・ミノーグとイヤーズ & イヤーズ(Years & Years)のコラボ曲「A Second to Midnight」のMVがリリースされました。今年4月にソロ・プロジェクトとして再活動したYears&Yearsのオリー・アレクサンダー(Olly Alexander)は、ドラマ『It’s A Sin 哀しみの天使たち』では主役を務め、今年5月にリリースしたシングル「Starstruck」では、カイリー・ミノーグを迎えたバージョンもリリースしてます。

「A Second to Midnight」は曲はもちろん素晴らしいですが、MVが面白く「これはカイリー?これはオリ―?」といった感じで見入ってしまう作品に仕上がっています。

この曲は昨年リリースされたアルバム『Disco』の新エディション『Disco: Guest List Edition』の収録曲となっており、11月12日(金)にリリース予定です。本作には、Years & Yearsの他にジェシー・ウェアJessie Ware)との曲「Kiss of Life」、デュア・リパDua Lipa)との曲「Real Groove (Studio 2054 Remix) 」、グロリア・ゲイナーGloria Gaynor)との曲「Can’t Stop Writing Songs About You」も収録されています。

Kylie Minogue:
Website: https://www.kylie.com
Instragram: https://www.instagram.com/kylieminogue
Twitter: https://twitter.com/kylieminogue

Follow Years &Years:
Website:https://yearsandyears.com/
Instagram: https://www.instagram.com/yearsandyears/
Twitter: https://twitter.com/yearsandyears​

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする